Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、一時完売となっていた「セキュリティ専門家 人狼(セキュ狼)」など、カードゲーム2種の販売を開始した。

20170921_jn_001.jpg
ホワイトとブラックにわかれて争うセキュリティゲーム「セキュ狼」(画像:JNSA)

「セキュ狼」は、企業を守る「CSIRTチーム」と、内部で不正を行う「汚職者」などにわかれ、勝敗を争うカードゲーム。

2017年1月にリリースされたが、人気を博して一時売り切れとなっていた。

また6月12日に同協会の活動報告会で発表されたマルウェア感染端末を見つけ出すカードゲーム「Malware Containment」についても販売を開始。

同ゲームは、参加者がCSIRTのメンバーとなり、与えられた役割に応じて端末を調査。特定時間内に遠隔操作されている端末を発見、封じ込めることができるか競う内容となっている。

価格は、「セキュ狼」が1000円。「Malware Containment」が2000円。購入方法など詳細は同協会のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2017/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
インシデント対応学習ボードゲームにラインアップ追加
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習サービスに「銀行版」 - カスペ
病院のインシデント対応を疑似体験できるシュミレーションゲーム
売り切れだった「セキュリティ専門家 人狼」、増刷に向けてアンケート
デスマ寸前の要件でコンペ勝ち抜くカードゲーム - 「致命的な脆弱性」といったカードも
IPA、制御システム保有組織の橋渡し人材向けに短期演習プログラム
JNSA、セキュリティ学べるカードゲーム「セキュリティ専門家 人狼」を発売
「Nintendo Switch」に保護者向け管理アプリ - SNS投稿やプレイ時間など制限可能
カスペ、ゲーム型のサイバー攻撃対策演習にオンライン版