Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Avast子会社のシステム最適化ツールにバックドア - 227万人に影響

今回の問題を受けてPiriformでは、米法執行機関と協力し、送信先となっていたコマンド&コントロール(C&C)サーバを9月15日に停止に追い込んだ。

またバックドアを取り除いたアップデート「CCleaner 5.34」「CCleaner Cloud1.07.3214」をリリース。Avastと協力しつつ、侵害を受けた原因や攻撃者について調査を進めている。

今回脆弱性の報告を受け、解決に動いたAvastでは、7月18日にPiriformの買収を完了しているが、買収以前の段階から攻撃対象とされ、買収時に侵害の可能性を把握していなかったと釈明。

通信先のサーバについては、2017年の早い段階で用意されているが、通信に利用されたSSL証明書のタイムスタンプは7月3日になっており、Avastでは、7月3日より侵害を受けていた可能性があると分析している。

(Security NEXT - 2017/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

年末年始にかけてサイト改ざん、閲覧者に影響なし - 南紀白浜観光局
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
環境省の洋上風力発電実証事業関連サイトが改ざん - 偽通販サイト設置、外部不正サイトへの誘導も
「DLmarket」への不正アクセス、顧客のクレカ情報も被害か
サイトに不正アクセス、電子カルテなどへの影響なし - 徳島県鳴門病院
老舗洋菓子店の通販サイトが改ざん - 正規サイト内でフィッシング、クレカ情報被害
複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社
今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象