Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全銀協、ブロックチェーン連携でパートナー4社を選出

全国銀行協会は、「ブロックチェーン連携プラットフォーム」の実証実験環境を提供するパートナーベンダーとして4社を選定した。10月をめどに同プラットフォームの稼働を開始する。

同プラットフォームは、銀行と連携したFinTechベンチャーやIT事業者、一般事業者において、ブロックチェーン、分散型台帳技術を活用したあらたな金融サービスを開発するための実証実験を容易に行えるようにすることを目的とした取り組み。同協会では4月に基本構想を公表し、秋をめどにした整備に向けて検討を進めていた。

今回、同プラットフォームの実証実験環境を提供するパートナーベンダーとして、NTTデータ、日立製作所、bitFlyer、富士通の4社を選定。実証実験環境に関する詳細な仕様を調整したうえで、パートナーベンダーと契約を締結し、10月中をめどに同プラットフォームの稼働を開始する。

同協会は同プラットフォームの整備を通じて、あらたな決済サービスや送金サービス、本人確認、取引時確認、金融インフラなどの分野におけるブロックチェーン技術の実用化に向けた検討を支援する。

(Security NEXT - 2017/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
仮想通貨の不正送金を受けて声明 - ブロックチェーン推進協会
個人データの出所や加工履歴、同意状況を一元管理する新技術 - 富士通研
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
ブロックチェーンの社会実装に必要な技術や法的課題を整理 - 経産省
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
九大ら、スマートファクトリー向けセキュアプラットフォームを共同研究
CODE BLUE、今秋開催に向けてCFP開始 - 経済学、心理学面からの論文も歓迎