Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念

米国の信用情報会社であるEquifaxにおいて、約1億4300万件の個人情報が外部へ流出した可能性があることが判明した。ウェブアプリケーションの脆弱性が原因だったという。

同社の米国サイトにおけるウェブアプリケーションの脆弱性を突くことにより、特定のファイルへアクセスが可能となっていたもの。7月29日に不正アクセスの形跡を発見。5月中旬より7月にかけて不正アクセスを受けていたことが判明した。

約1億4300万件の個人情報が影響を受ける可能性があり、氏名や生年月日、住所、社会保障番号のほか、一部には運転免許番号が含まれる。

さらにクレジットカード番号約20万9000件や、支払いの訂正手続きを行った際の個人を識別できるファイル18万2000件が被害に遭ったことが判明している。

(Security NEXT - 2017/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Fostex通販サイトで顧客情報流出か - ECシステムに不正アクセス
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ECサイトのASPサービスに不正アクセス - 複数サイト顧客のクレカ情報が流出
不正アクセス被害の「B.LEAGUE」、4カ月ぶりにクレカ決済を再開
マネースクウェア・ジャパン、顧客情報約11万件の流出を確認
庁内システムへの不正アクセスなどで職員を処分 - 新潟県
関東財務局、顧客情報流出でM2Jに行政処分 - 新規口座開設を当面停止
M2J、顧客情報約2500件の流出が判明 - 1年前にも顧客情報約11万件が不正アクセスを受けた可能性
ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス
投資情報サイトに不正アクセス、クレカ情報が流出か - 公表中止で混乱も