Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICT、米MITREとセキュリティの研究協力で覚書

情報通信研究機構(NICT)は、米MITREとサイバーセキュリティ分野において、研究協力覚書を締結した。

20170914_ni_001.jpg
左からNICTの理事長である徳田英幸氏、MITREのCEOであるJason Providakes氏(画像:NICT)

MITREは、米国において唯一のサイバーセキュリティを専門とする政府系研究開発センターを運営し、米国政府への技術支援などを行っている非営利組織。

共通脆弱性識別子である「CVE識別番号」を提案したのも同社で、同制度の管理運営も行っている。

今後両組織では、長期的なパートナーシップを構築。サイバーセキュリティおよび、関連するコンピュータサイエンス分野において、情報共有や共同研究、人材交流など、連携していく。

(Security NEXT - 2017/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Oracle WebLogic Server」狙う脆弱性攻撃を12月後半より観測 - 警察庁
脆弱性緩和ツール「EMET」、サポート終了まで6カ月切る
TCP 52869番ポートへのパケット - 「Mirai」亜種による感染活動の可能性
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
2017年4Qの脆弱性届出は70件 - ソフトウェア関連が大幅減
「標的型攻撃メール」が大幅増、プラント関連事業者が標的 - 実在の開発プロジェクトなど詐称
2017年4Qの脆弱性登録は3719件 - 「Android」が最多、「tcpdump」も上位に
なくならない「WannaCrypt」の検出 - 国内で少なくとも1900台が脆弱性を放置か
少なくとも30万台以上でサポート終了の「Office 2007」が稼働
米政府、「WannaCrypt」の攻撃者を北朝鮮と断定 - 日本も同調