Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円

重大被害を経験した組織で、1年間を通じて生じた被害額は、前年の2億1050万円を上回る平均2億3177万円。29.4%において年間被害額が1億円を超えたという。

これら被害には、原因究明やシステムの復旧費用、損害賠償のほか、再発防止策、売上機会の損失など、二次、三次的な被害額も含まれるとしており、5.4%の組織は10億円以上の被害を被ったと回答している。

またランサムウェア被害に対応するため、22.5%の組織がすでにセキュリティ関連予算を増加し、21.6%が予算増加に向けて調整中と回答したという。

重大被害を経験した組織では、40.5%がすでに増額と回答する一方、重大被害もインシデントも未経験の組織は48.9%が「変化なし」と回答するなど差が見られた。

経営層や上層部において、セキュリティ上の脅威を事業継続や組織運営を脅かすリスクとして認識している割合は32.1%で、前年の31.1%ほぼ同水準。経営層や上層部がセキュリティ対策に積極的に関与している割合も、26.5%にとどまっている。

20170915_tm_001.jpg
重大被害を経験した組織での年間被害額(グラフ:トレンドマイクロ)

(Security NEXT - 2017/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
2018年下半期の捜査機関による開示要請は1725件、76%に対応 - LINE
2018年4Qクレカ不正被害は69.3億円 - 前四半期比36.7%増
2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増
2018年4Qの不正送金被害、さらなる低水準に - 全銀協まとめ
2018年の不正送金被害は大幅減 - 法人で1割以下に
ネットバンク不正送金被害、5年半ぶりの低水準 - 被害額1億円を割り込む
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
2018年1月のフィッシング攻撃、報告やURLは減少するも高水準