Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、脆弱性80件を月例パッチで解消 - すでにゼロデイ攻撃も

「.NET Framework」において、リモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2017-8759」については、ゼロデイ攻撃が確認されている。

細工されたドキュメントやアプリケーションなどを開き、脆弱性が悪用された場合、システムの制御を奪われるおそれがある。同脆弱性に対し、マイクロソフトでは、信頼されていない入力を検証する方法を変更することで脆弱性へ対処した。

また「Device Guard」において、セキュリティ機能をバイパスされる脆弱性「CVE-2017-8746」や、「HoloLens」の「Broadcomチップセット」においてリモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性についてもすでに公開済みだという。マイクロソフトでは、これら2件の脆弱性に関しては、悪用される可能性は低いとの見解を示している。

また同日公開された「IE」および「Edge」に同梱されている「Adobe Flash Player」についてもアップデートを実施。Adobe Systemsでは、これら同梱版について、特に脆弱性の影響が大きいとしており、早期のアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Samba」に複数の脆弱性 - 早急にアップデートを
Apacheにメモリ漏洩の脆弱性「Optionsbleed」 - 「Heartbleed」直後に判明するも修正されず
「Joomla! 3.8」がリリース、脆弱性2件を解消
Apple、「iOS 11」で脆弱性8件を修正
トレンドの「InterScan Web Security」に脆弱性 - ホットフィクスがリリース
「WordPress」に複数の脆弱性 - プレースホルダ利用でもSQLiのおそれ
「Apache Tomcat」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
複数のVMware製品に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「RoboHelp」向けにセキュリティアップデートをリリース