Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、脆弱性80件を月例パッチで解消 - すでにゼロデイ攻撃も

「.NET Framework」において、リモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2017-8759」については、ゼロデイ攻撃が確認されている。

細工されたドキュメントやアプリケーションなどを開き、脆弱性が悪用された場合、システムの制御を奪われるおそれがある。同脆弱性に対し、マイクロソフトでは、信頼されていない入力を検証する方法を変更することで脆弱性へ対処した。

また「Device Guard」において、セキュリティ機能をバイパスされる脆弱性「CVE-2017-8746」や、「HoloLens」の「Broadcomチップセット」においてリモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性についてもすでに公開済みだという。マイクロソフトでは、これら2件の脆弱性に関しては、悪用される可能性は低いとの見解を示している。

また同日公開された「IE」および「Edge」に同梱されている「Adobe Flash Player」についてもアップデートを実施。Adobe Systemsでは、これら同梱版について、特に脆弱性の影響が大きいとしており、早期のアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ブラウザ「Edge」に未修正の脆弱性 - 報告から90日経過、Googleが公表
Gemalto製ライセンス管理製品に複数脆弱性 - ドングル接続時にFWを開放、RCEのおそれ
「ウイルスバスター」導入環境にdllハイジャックの脆弱性
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート
Adobe、「Acrobat/Reader」のセキュリティアップデートを2月13日に公開予定
VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響
Intel、脆弱性「Spectre」を軽減する「Skylake」向けマイクロコードをリリース
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘