Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日産化学工業、不正アクセスに関する調査結果を公表 - 痕跡は確認されず

日産化学工業は、7月に公表した不正アクセスおよび情報流出の可能性について、いずれも調査で痕跡は確認されなかったとする報告を行った。

同社において、運営するウェブサイトが不正アクセスを受けた可能性があることが7月に判明。さらに同サイトの問い合わせフォームに入力された個人情報約4500件が外部からアクセスできる状態だったことが判明し、外部事業者による調査を行っていた。

同社は、同調査において、不正アクセスが行われたり、情報が外部へ流出した痕跡は確認されなかったと説明。サーバにおける改ざんやマルウェアの感染なども見つかっていないという。

同社では停止中のウェブサイトについて、再発防止策を実施した上で、新しい環境で再構築し、安全性を確認したうえで再開するとしている。

(Security NEXT - 2017/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なりすましで人事情報を不正閲覧、職員を懲戒処分 - 富田林市
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ロート製薬の会員サイトに不正アクセス - パスワードなど閲覧被害
東京ガスの料金照会サイトにPWリスト攻撃 - 10万回超のログイン試行
ECサイトのASPサービスに不正アクセス - 複数サイト顧客のクレカ情報が流出
ドローン・ジャパンがサイト改ざん被害 - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
真庭市のサーバに不正アクセス - 「OpenSSL」の脆弱性が標的に
葛飾区、改ざんで閉鎖していた施設サイトを再開 - 1カ月半ぶり
不正アクセス被害の「B.LEAGUE」、4カ月ぶりにクレカ決済を再開