Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エネルギー産業狙う攻撃グループ、年頭より攻撃活発化 - 制御システムへのアクセス狙う

重要インフラであるエネルギー産業に対し、攻撃グループ「Dragonfly」が2017年初頭より目立った攻撃活動を繰り広げている。制御システムへのアクセスが目的と見られている。

20170906_sy_001.jpg
今回確認された攻撃の対象国と手口(画像:Symantec)

「Dragonfly」は、少なくとも2011年より活動しており、別名「Energetic Bear」としても知られる攻撃グループ。

米国や欧州の産業用制御システムを利用する複数の企業に対して攻撃キャンペーンを展開していたことが判明している。

別名「Havex」としても知られるリモートアクセスツール(RAT)の「Karagany」をはじめ、複数のトロイの木馬を利用。メールや水飲み場攻撃、トロイの木馬を正規ソフトへ仕込むなど、複数の経路で侵入を試みていた。

活動が明るみになった2014年に一時活動が収束したが、Symantecによると2015年12月より活動を再開。さらに2017年に入り、活発な動きを見せているという。

(Security NEXT - 2017/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
重要インフラのセキュリティ向上に活用できる「ES-C2M2」に解説資料 - IPA
Wind Riverが提供するRTOSに複数の脆弱性
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
ゲーム形式のサイバー攻撃演習に「GDPR版」 - カスペ
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施
重要インフラセキュリティに関するNIST文書に翻訳版 - IPAが公開
政府、重要インフラ14分野で横断的サイバー演習 - 3077人が参加