Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援

NTT西日本は、ICT環境における多層防御や運用監視など、一元的にセキュリティ対策を支援するサービスを順次提供開始する。

「Bizひかりクラウド セキュリティ」では、基幹業務とインターネット環境を分離する「エンドポイント対策」をはじめ、UTMなど活用する「ゲートウェイ対策」、24時間体制の機器監視を提供する「運用監視」などのメニューを提供。遠隔監視だけでなく、オンサイト対応も可能となっている。

また汎用的なセキュリティ対策サービスをパッケージ化した「セキュリティおまかせプラン」を用意。同社では、約200カ所のサポート拠点や、約400人のセキュリティ人材を活用。サービスを展開していくという。

(Security NEXT - 2017/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
ASEAN地域の監視分野事業で英Assuriaと協業 - ラック
MSSにインシデント初期対応支援を追加 - テクマトリックス
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
移動体通信における制御信号の特徴で攻撃を検知 - NEC
アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS