Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

先週のAppleに続きMSのフィッシング攻撃が発生中

マイクロソフトを装うフィッシング攻撃が確認された。9月4日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されているとして、フィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。

20170904_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

プロダクトキーが不正利用されているなどとして、不安を煽り、確認作業に見せかけてフィッシングサイトへ誘導する手口が確認されたもの。

同様の手口は、2017年1月以降これまでもたびたび確認されているが、今回のケースでは、「ご注意!!ご利用のマイクロソフトのプロダクトキーが何者かにコピーされています。」との件名でフィッシングメールが送信されていた。

本文では「セキュリティが脅かされる恐れがあります!!」といった文言から文面がはじまり、Office製品のプロダクトキーがコピーされ、多ソフトが利用されているなどと説明。誘導先のサイトで検証作業を行わないとソフトが利用できなくなるなどとだまし、偽サイトへ誘導していた。

(Security NEXT - 2017/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「偽楽天」からフィッシングメールに注意 - 不正ログインされたと不安煽る
東京五輪の類似ドメインが約1000件 - 正規サイトか慎重に確認を
ネット6社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「アカウント」 - テーマ曲はみやぞんさん
フィッシング対策GLを改訂 - 「送信メールはテキスト形式で」
フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破
「本人認証サービス開始」などとだますフィッシング - ゆうちょ銀を偽装
「MUFGカード」利用者狙うフィッシング - 11ドメインで展開
「気軽さ」と「不安」で誘導するフィッシング攻撃
「.htaccess」ファイル改ざんに注意 - CMSが標的に
2018年のフィッシング報告は約2万件 - 前年比約2倍に