Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM

アイ・ビー・シーは、フィンランドのMiradoreが開発したMDMソリューション「Miradore Online」の日本語版を販売開始した。

同製品は、iOSやAndroid、Windows Phoneなどを搭載したモバイルデバイスを一元管理できるクラウドベースのMDMソリューション。2月より国内向けに展開してきたが、今回日本語版を提供開始した。

端末の情報収集や遠隔からのロックおよびワイプ、設定、Active Directoryとの連携など、基本機能は台数と期間に制限なく無料で利用できる。

デバイスの利用制限や位置情報追跡などの機能を利用できる「Business」版は月額95円から。

さらにアプリ管理やコンテンツ管理、ウェブフィルタリングなどを搭載した「Enterprise」版は月額250円から。

(Security NEXT - 2017/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ALSI、スマートデバイス向けにウェブフィルタリングサービス
日本プルーフポイント、モバイルアプリの脅威可視化ソリューション
LANDESK、IT管理ソリューションにMDM機能追加
ソフォス、データ保護機能を強化したMDMソフト
ソフトバンク、法人向けMDMにスマホアプリ監視ツール
オプティム、MDMツール最新版 - Windows端末向け機能を強化
ルックアウト、法人向けモバイル対策製品をリリース
東芝情シ、オフィス向けセキュリティソリューションを展開
ALSI、VPNを活用したiOS向けセキュリティサービス
アセントネット、MDMサービスにホワイトリスト機能