Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フレクセラ、MSの「Intelligent Asset Manager」と連携

フレクセラ・ソフトウェアはMicrosoftと協業し、同社ソフトウェア管理ソリューションでMicrosoft製品のライセンス状態を管理できる機能を提供する。

今回の協業により、Microsoftの「Intelligent Asset Manager」と同社のソフトウェア管理ソリューション「FlexNet Manager Suite」の連携に対応したもの。

同ソリューションを通じて、Microsoft製品のライセンス状態を継続的に管理することが可能。所有するMicrosoftソフトウェアの配置状況とライセンス保有状況を比較し、配置数とライセンス保有数に差や、未活用の領域がないか特定できる。

(Security NEXT - 2017/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開
NTTテクノクロス、Carbon Blackベースの「TrustShelter/EPP」を提供