Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フレクセラ、MSの「Intelligent Asset Manager」と連携

フレクセラ・ソフトウェアはMicrosoftと協業し、同社ソフトウェア管理ソリューションでMicrosoft製品のライセンス状態を管理できる機能を提供する。

今回の協業により、Microsoftの「Intelligent Asset Manager」と同社のソフトウェア管理ソリューション「FlexNet Manager Suite」の連携に対応したもの。

同ソリューションを通じて、Microsoft製品のライセンス状態を継続的に管理することが可能。所有するMicrosoftソフトウェアの配置状況とライセンス保有状況を比較し、配置数とライセンス保有数に差や、未活用の領域がないか特定できる。

(Security NEXT - 2017/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
38種類の加工方法を実装した匿名加工情報作成ソフト - NTT-TX
プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI