Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フレクセラ、MSの「Intelligent Asset Manager」と連携

フレクセラ・ソフトウェアはMicrosoftと協業し、同社ソフトウェア管理ソリューションでMicrosoft製品のライセンス状態を管理できる機能を提供する。

今回の協業により、Microsoftの「Intelligent Asset Manager」と同社のソフトウェア管理ソリューション「FlexNet Manager Suite」の連携に対応したもの。

同ソリューションを通じて、Microsoft製品のライセンス状態を継続的に管理することが可能。所有するMicrosoftソフトウェアの配置状況とライセンス保有状況を比較し、配置数とライセンス保有数に差や、未活用の領域がないか特定できる。

(Security NEXT - 2017/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
カードゲーム「セキュ狼」がスマホアプリに - JNSAと学生が共同開発
マクニカネットと東京電力パワーグリッド、制御システム向け対策で協業
ドメインに関する脅威分析情報を提供するサービス - ISID
危険ドメインへのアクセスをDNSでブロック - ソリトン
ゲーム形式のサイバー攻撃演習に「GDPR版」 - カスペ
Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック