Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、2016年度のプライバシーマーク(Pマーク)付与事業者における個人情報関連の事故報告状況について取りまとめた。

同協会と18の審査機関が報告を受けた個人情報関連事故について取りまとめたもの。2016年度のPマーク付与事業者数は1万5297組織。そのうち5.5%にあたる843組織より2044件の事故報告が寄せられた。

2015年度は、Pマーク付与事業者数1万4577社において、5.4%にあたる796社から1947件の事故報告が寄せられたが、2016年に入り、事業者数、件数、付与事業者数に対する割合、いずれも増加している。

事故の内容を見ると、「メールの誤送信」が424件で最多で、全体の20.7%を占める。「紛失」が409件、「宛名違いによる誤送付」が303件、「封入ミスによる誤送付」が274件と続いた。これら事故で全体の7割弱を占める。

20170831_pm_001.jpg
事故報告件数と割合(表:JIPDEC)

(Security NEXT - 2017/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Pマーク制度とPIPA制度の相互承認プログラムが終了
Pマーク事業者に関する苦情や相談、2015年度は329件
2015年度はPマーク事業者796社で1947件の個人情報関連事故
Pマーク事業者の個人情報関連事故は1646件 - 「紛失」が最多
ウェブサービスへの個人情報登録、信頼するポイント「会社名を知っている」が6割
半数がセキュリティ専門職の「採用計画なし」
不正アクセスやマルウェアによる個人情報漏洩を2割弱が経験
Pマーク事業者の事故、年間1627件 - プログラムミスは74件
プライバシーマークの標語募集、締切迫る
MDISのプライバシーマーク付与認定一時停止措置が終了