Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

闇市場に「フェイクニュース」作成拡散サービス - 「いいね!」1000件が約2円から

一方ロシアでは、4000から6000文字の記事を作成し、ロシア国内のサイトに掲載することを30万から55万ルーブル(約54万円から99万円)で請け負うサービスが確認された。

さらに広告とわからないよう新聞や雑誌上へ掲載するサービスについて、150万ルーブル(約270万円)ほどで請け負うPR代理店も存在したという。

フェイクニュースの拡散サービスもあり、ロシアでは、「Instagram」における「いいね!」の投稿1000件が1から170ルーブル(約2円から310円)、「Twitter」のフォロー1000件が190ルーブル(約340円)ほど。

「Facebook」の投稿に1カ月で1000件のコメントを付けるサービスもあり、188から250ドル(約2万1000円から2万8000円)、「YouTube」で1000回の視聴回数を3ドル(約330円)ほどで提供していた。

(Security NEXT - 2017/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年の「架空請求」に関する相談は約23万件 - 封書を使う手口も
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
クレカ不正取引、平均単価が正規取引の2倍以上になることも
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
富士通研、複数ブロックチェーンを接続する新技術 - トランザクション同期も
日本仮想通貨事業者協会、会員取引所のBitcoin取引停止措置を解除
進む情報共有、脅威情報で稼ぐ時代は終わる - RSAのMike Brown氏
ブロックチェーンによる「本人確認」システム - マネロン対策などに活用
サプライチェーンリスク、8割弱が認識 - 対策状況把握は「直接委託先のみ」が6割