Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

闇市場に「フェイクニュース」作成拡散サービス - 「いいね!」1000件が約2円から

政治的な意図や金銭目的などでニュースに見せかけて事実と異なる情報を発信する「フェイクニュース」。海外では、偽ニュースの作成サービスやSNSへの拡散サービスが提供されている。

20170829_tm_001.jpg
「Instagram」へ拡散させるサービス(画像:トレンドマイクロ)

トレンドマイクロが、海外における「フェイクニュース」の作成や拡散などを行うアンダーグラウンドのサービスについて調査を実施し、結果を取りまとめたもの。

フェイクニュースの作成に関して中国では、800文字までで100元(約1600円)、1500文字までで200元(約3300円)程度でサービスが提供されていた。

さらに作成した記事を希望のニュースサイトや新聞で発信できるサービスも用意されており、500から1300元(約8200円から2万1000円)程度で発信できる状況だという。

(Security NEXT - 2017/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
クレカ不正取引、平均単価が正規取引の2倍以上になることも
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
富士通研、複数ブロックチェーンを接続する新技術 - トランザクション同期も
日本仮想通貨事業者協会、会員取引所のBitcoin取引停止措置を解除
進む情報共有、脅威情報で稼ぐ時代は終わる - RSAのMike Brown氏
ブロックチェーンによる「本人確認」システム - マネロン対策などに活用
サプライチェーンリスク、8割弱が認識 - 対策状況把握は「直接委託先のみ」が6割
富士通研究所ら、ブロックチェーンのセキュリティ強化技術を開発