Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「baserCMS」にPHPコードの実行やDB操作が可能となる脆弱性

オープンソースのコンテンツマネジメントシステム(CMS)である「baserCMS」に3件の脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートがリリースされている。

任意のPHPコードが実行可能となる脆弱性「CVE-2017-10844」をはじめ、サイト内検索機能よりデータベースを操作されるおそれがある「SQLインジェクション」の脆弱性「CVE-2017-10842」、任意のファイルが削除できる脆弱性「CVE-2017-10843」などが判明したもの。

これら脆弱性は、馬場将次氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

baserCMSユーザー会では、脆弱性へ対処したアップデート「同4.0.6」「3.0.15」や、修正パッチをリリースしており、利用者へ脆弱性への対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
「Cisco WebEx Clients」に深刻な脆弱性 - ファイル共有でコード実行のおそれ
「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定
「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」
「Chrome 66」でセキュリティに関する62件を修正 - サンドボックス「Site Isolation」をトライアル
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
国内でも「Drupalgeddon 2.0」を観測 - 「Drupal」利用者はアップデート状況の確認を
スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開