Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に

ユーザーが実行した際にパフォーマンスを低下させたアプリを見ると、Samsung製アプリが3種、Google製アプリが2種と上位に入った。

1位はSamsungの「WatchON」、2位はグルーグルの「Googleドキュメント」、3位はSamsungの「Media Hub」。また「LINE」が9位に入っている。

一方、過去に上位へ入っていたアプリ「Snapchat」「Facebook」「Spotify」などは、今回の調査で改善が見られたという。

Avastがまとめたランキングは以下のとおり。

起動時に実行され、パフォーマンスをもっとも低下させるアプリ

1位:AllShare(Samsung)
2位:ChatON(Samsung)
3位:Push Service(Samsung)
4位:TalkBack(Google)
5位:Play ミュージック(Google)
6位:Google Maps(Google)
7位:Play Newsstand(Google)
8位:Google+(Google)
9位:ChatON(Samsung)
10位:ハングアウト(Google)

ユーザーが実行している、パフォーマンスをもっとも低下させるアプリ

1位:WatchON(Samsung)
2位:Google ドキュメント(Google)
3位:Media Hub(Samsung)
4位:SHAREit(SHAREit)
5位:Video Editor(Samsung)
6位:Flipboard(Flipboard)
7位:テキスト読み上げ(Google)
8位:Clean Master(Cheetah Mobile)
9位:LINE(LINE)
10位:Adobe Acrobat Reader(Adobe)

(Security NEXT - 2017/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
LINE、捜査機関開示要請の76%に対応 - 不正アクセス関連は1%
米SymantecとNTTセキュリティ、CASBの活用で協業
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
LINE、脆弱性報奨金プログラムの実施状況を発表
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず