Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に

ユーザーが実行した際にパフォーマンスを低下させたアプリを見ると、Samsung製アプリが3種、Google製アプリが2種と上位に入った。

1位はSamsungの「WatchON」、2位はグルーグルの「Googleドキュメント」、3位はSamsungの「Media Hub」。また「LINE」が9位に入っている。

一方、過去に上位へ入っていたアプリ「Snapchat」「Facebook」「Spotify」などは、今回の調査で改善が見られたという。

Avastがまとめたランキングは以下のとおり。

起動時に実行され、パフォーマンスをもっとも低下させるアプリ

1位:AllShare(Samsung)
2位:ChatON(Samsung)
3位:Push Service(Samsung)
4位:TalkBack(Google)
5位:Play ミュージック(Google)
6位:Google Maps(Google)
7位:Play Newsstand(Google)
8位:Google+(Google)
9位:ChatON(Samsung)
10位:ハングアウト(Google)

ユーザーが実行している、パフォーマンスをもっとも低下させるアプリ

1位:WatchON(Samsung)
2位:Google ドキュメント(Google)
3位:Media Hub(Samsung)
4位:SHAREit(SHAREit)
5位:Video Editor(Samsung)
6位:Flipboard(Flipboard)
7位:テキスト読み上げ(Google)
8位:Clean Master(Cheetah Mobile)
9位:LINE(LINE)
10位:Adobe Acrobat Reader(Adobe)

(Security NEXT - 2017/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ホスティングサービス上のWAF検知、約34%が「WordPress」狙い - SQLi攻撃目立つ
GMOペパボ、情報セキュリティ事業を行う新会社を福岡に設立
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
2018年2Qの脆弱性届出は158件 - ソフトウェア関連が倍増
毎月100件超のウェブ改ざん、委託状況含めてチェックを
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も