Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公開領域に残存した移行用データが外部流出、個人情報約1.2万人分 - HIS

エイチ・アイ・エスが運営する「国内バスツアーサイト」より、個人情報を含む予約データが外部へ流出したことがわかった。

20170822_hi_001.jpg
情報流出を公表したHIS。首都圏を出発地とする国内バスツアーのサイト以外は影響ないとしている

同社によれば、2017年8月1日から同年12月末までの首都圏を出発地とする国内バスツアー関する予約情報が流出したもの。

対象となるのは、2017年3月18日16時過ぎから同年7月27日17半までに、同サイトでツアーを申し込んだ代表者や同行者、緊急連絡先など、最大1万1975人分の個人情報。

代表者や同行者、緊急連絡先によって含まれる個人情報は異なるが、氏名や年齢、性別、住所、電話番号、メールアドレス、ツアー名、出発日などが含まれる。

(Security NEXT - 2017/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
人事採用管理システムのバックアップが外部から閲覧可能に - パーソルキャリア
国内に多数のアノニマスFTP - うっかり情報公開に注意を
顧客情報1.5万件含むUSBメモリが所在不明 - 飲食店運営会社
アークンへの不正アクセス - 管理者アカウントでログインか
上場直後のセキュリティ企業に不正侵入 - 金銭要求で発覚
バックアップサーバに不正アクセス、情報が漏洩 - ボートレース徳山
リハビリ患者の個人情報含むポータブルHDDが所在不明
患者の検査結果など含むUSBメモリを紛失 - 横浜市立大病院
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 福岡市立こども病院