Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公開領域に残存した移行用データが外部流出、個人情報約1.2万人分 - HIS

エイチ・アイ・エスが運営する「国内バスツアーサイト」より、個人情報を含む予約データが外部へ流出したことがわかった。

20170822_hi_001.jpg
情報流出を公表したHIS。首都圏を出発地とする国内バスツアーのサイト以外は影響ないとしている

同社によれば、2017年8月1日から同年12月末までの首都圏を出発地とする国内バスツアー関する予約情報が流出したもの。

対象となるのは、2017年3月18日16時過ぎから同年7月27日17半までに、同サイトでツアーを申し込んだ代表者や同行者、緊急連絡先など、最大1万1975人分の個人情報。

代表者や同行者、緊急連絡先によって含まれる個人情報は異なるが、氏名や年齢、性別、住所、電話番号、メールアドレス、ツアー名、出発日などが含まれる。

(Security NEXT - 2017/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先が顧客データのバックアップを誤って公開設定 - ヘルスケア事業者
小学校で図書館利用データ含むHDDが所在不明 - 大阪市
神奈川県HDD問題の情報提供者、復元データを物理破壊
リース返却後の内部情報入りHDDがオークションに - 神奈川県
分析機器納入業者が患者遺伝子検査データを持出 - 九大病院
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
マーケ支援サービスのクラウド認証キーが盗難被害 - 不正サーバ構築、顧客データも
今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取
患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院