Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自動化進めたSOCの約7割、1週間以内に脅威調査を完了

このうち「先進的」とされるSOCでは、脅威の調査において75%のプロセスを自動化。脅威の調査に費やせる時間が、他レベルと比較して50%長いと回答したという。

インシデントの調査を完了させるまでの時間について、「先進的」とされるSOCでは71%が平均1週間以内。そのうち37%は24時間以内と答えた。

また効果的に脅威を特定し、防御するため、75%が人とテクノロジーの協業モデルを導入していたという。

(Security NEXT - 2017/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

総務省、2019年版「情報通信白書」を発行 - 電子書籍やアプリでも
サプライチェーンのセキュリティでシンポジウム - IPA
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
セキュリティ情報共有のポイントを整理した資料に改訂版 - ISOG-J
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
NTTコムとFFRI、高度セキュリティ人材の育成で新会社
シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供
経産省、「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」のパブコメ結果を公表
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍