Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Palo Alto、ICPOとデータ交換協定を締結

米Palo Alto Networksは、国際刑事警察機構(ICPO)のサイバー犯罪対策組織であるIGCI(INTERPOL Global Complex for Innovation)と、データ交換の協定を締結した。

従来より協力体制を構築していたが、同協定により正式に協定を締結したもの。今後は両者がそれぞれの会議へ参加。共同作業に従事し、同社が保有する脅威情報を共有する。

サイバー空間における犯罪の傾向を分析し、サイバー攻撃の防御に必要な情報を法執行機関へ提供していく。

IGCIで総局長を務める中谷昇氏は、脅威へ対抗するには民間企業との協力が不可欠と説明。今回の協定について「世界中の法執行機関が必要な情報にアクセスできるようにするという継続的な取り組みの重要な1歩」とコメントしている。

(Security NEXT - 2017/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
個人データの相互移転、日EUが最終同意 - 今秋に運用開始
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
Drupal、悪用リスク高い脆弱性を再度修正予定
「Drupal」に深刻な脆弱性、アップデートが準備中 - 攻撃コードに警戒を
OpenSSL、セキュリティアップデートを3月27日に公開予定
拘束力持つセキュリティ規則と基準を要請 - 8社が共同憲章に署名
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
Symantecも国内で「Bad Rabbit」を検知 - 観測ピークは発生2時間後