Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Azure」「Office365」で政府統一基準に準拠するためのリファレンス

日本マイクロソフトとPwCあらたは、「Azure」や「Office365」を利用する際、国内の政府機関が準拠すべきセキュリティ対策の統一基準へ準拠するためのノウハウをまとめたリファレンスを提供開始した。

「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準」では、クラウドの選定や利用時のガイドラインや、セキュリティ要件などの基準を示しており、「Microsoft Azure」「Office 365」を利用する際のリファレンスを提供するもの。

同リファレンスでは、要件整理の考え方や必要な情報、項目ごとの対応策などをまとめており、統一基準に準拠するためのノウハウを具体的に示している。

同リファレンスは、PwCあらたのウェブサイトにて提供。ダウンロードにあたっては、フォームより必要事項を送信する必要がある。

(Security NEXT - 2017/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
NRIとMS、「金融デジタルイノベーションコンソーシアム」を設立
組込機器やIoTシステム向けに「KasperskyOS」 - ポリシーで動作を限定
IPA、脆弱性対策の取組について解説した資料
医療機関向け「Azure」対応セキュリティリファレンス - MRIら
NEC、インドネシアのId-SIRTII/CCと覚書を締結
IPA、内部不正防止ガイドラインが改訂 - 必須策と強化策を明確化
UEFIの実装に用いる「EDK2」に脆弱性 - ルートキット混入やセキュアブート回避のおそれ
金融機関向けのAWS利用セキュリティリファレンスが公開
オライリー、脆弱性テストの解説書を23日発売 - 専門家愛用ツール「Metasploit」を詳説