Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仲介事業者情報へ外部からアクセス - 飯田産業

飯田産業は、同社が運用する取引仲介事業者の登録システムにおいて、本来公開されていない登録情報がインターネット経由でアクセスを受けていたことを明らかにした。

同社によれば、2014年7月22日から2017年7月27日にかけて、仲介業者登録システムに登録されている仲介事業者の情報が、インターネットを介して閲覧可能な状態にあり、外部からアクセスされた痕跡が残っていたという。

事業者の名称や住所のほか、電話番号、ファックス番号、希望エリアなどの仲介者情報で、このうち最大2130件については担当者名、メールアドレスなどの情報が含まれるとしている。

同社では、外部からアクセスできないよう登録システムを修正。対象となる事業者に対し、書面やメールで個別に連絡を取るとしている。

(Security NEXT - 2017/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館
保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
一部商品購入者の個人情報が閲覧可能に - テニス関連サイト
一部サービスでパスワードの正誤関係なく認証可能に - NTTPC