Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも

同社が扱ったメールに占めるスパムの割合は54.9%で、前月から0.6ポイント上昇。2015年3月以来もっとも高くなった。

マルウェアを感染させる目的で送信されたメールの割合は、359件に1件。前月の451件に1件を上回った。4カ月連続で上昇しており、過去7カ月でもっとも高い割合だという。

同社は、メールによりマルウェアを拡散させる傾向が強まりつつあると指摘。オンラインバンキングを狙うトロイの木馬「Emotet」と「TrickBot」は、スパムの送信によって自身を拡散する機能を搭載。また7月に発見されたランサムウェア「Reyptson」も、スパムの送信機能を備えていた。

フィッシングメールの比率もわずかに上昇し、1968件あたり1件。過去1年間でもっとも高い水準だという。

(Security NEXT - 2017/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
「Mirai」感染狙うIoT機器狙った11種類のアクセス - 12月より増加
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
脆弱IoT機器823件へあらたに注意喚起 - NOTICE
ログイン可能なIoT機器、半年でのべ505件に注意喚起 - NOTICE調査
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因