Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも

同社が扱ったメールに占めるスパムの割合は54.9%で、前月から0.6ポイント上昇。2015年3月以来もっとも高くなった。

マルウェアを感染させる目的で送信されたメールの割合は、359件に1件。前月の451件に1件を上回った。4カ月連続で上昇しており、過去7カ月でもっとも高い割合だという。

同社は、メールによりマルウェアを拡散させる傾向が強まりつつあると指摘。オンラインバンキングを狙うトロイの木馬「Emotet」と「TrickBot」は、スパムの送信によって自身を拡散する機能を搭載。また7月に発見されたランサムウェア「Reyptson」も、スパムの送信機能を備えていた。

フィッシングメールの比率もわずかに上昇し、1968件あたり1件。過去1年間でもっとも高い水準だという。

(Security NEXT - 2017/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説
警視庁とソースネクストがサイバー犯罪対応で協定
警視庁、セキュリティ体験イベント開催 - 小嶋真子さん「1日対策本部長」に
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連