Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

丸紅情シス、GEデジタルの制御システム向けセキュリティサービスを国内展開

丸紅情報システムズ(MSYS)は、米GEデジタルの制御システムを対象としたセキュリティソリューションの販売を開始する。

20170807_ms_001.jpg
通信を監視する「OpShield」(画像:MSYS)

同社では、GEデジタルと代理店契約を締結。セキュリティレベルのチェックサービスやセキュリティプラットフォーム「OpShield」を国内向けに展開していく。

セキュリティレベルのチェックサービスでは、オンサイトでセキュリティ状況をチェックし、レポートを提供するプランのほか、業界標準やベストプラクティスと比較、評価し、セキュリティ対策のロードマップなどを提供するセキュリティアセスメントプランを提供する。

また、制御機器のネットワーク通信を監視するハードウェア「OpShield」を用意。コマンドやパラメータなど解析し、ホワイトリストに登録されていないトラフィックについて遮断したり、アラートを出すといった制御が可能。脆弱性の悪用を防ぐ定義ファイルのアップデートサービスも利用できる。

さらに制御システム機器のロバスト性についてテストするプラットフォーム「Achilles Test Platform(ATP)」についても提供していく。

(Security NEXT - 2017/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
「制御システムリスク分析ガイド」に「活用の手引き」 - IPA
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
Darktrace、ICSや重要インフラの脅威検知に注力
OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立