Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

地域防災リーダーの名簿が所在不明に - 大阪市

大阪市は、地域防災リーダーの個人情報が記載された名簿が所在不明になっていることを公表した。

同市によれば、7月29日に実施した地域防災リーダー講習会に職員が持参した名簿が、講習会後に所在不明となった。名簿には地域防災リーダー21人の氏名、住所、電話番号、性別が記載されていた。そのうち18人は生年月日と年齢も含まれる。

講習会後、31日に職員が名簿がないことに気付いた。職員は名簿を鞄に入れて持ち帰ったと記憶しているが、見当たらないという。同市では警察へ紛失を届け、対象となる関係者には、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2017/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員情報をメール誤送信、抑止システム導入も確認せず - 横浜市
小学校で児童名簿が飛散、水泳指導時に突風で - 大阪市
職員が個人情報資料を一時紛失、飲食店主が発見保管 - 長崎県
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
セミナー申込者の個人情報が流出、人為ミスで - 大阪商工会議所
工業統計調査の準備調査名簿が所在不明 - 岡山市
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
性格など記載された小学校名簿が町内掲示板に - 仙台市
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸
消費生活センターからの通知文書に名簿を誤って同封 - 堺市