Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

進む情報共有、脅威情報で稼ぐ時代は終わる - RSAのMike Brown氏

「AIS」は、官民で情報を共有できるはじめての取り組みであるとし、脅威情報の構造化記述形式である「STIX」や「TAXIIプロトコル」を用いて情報を共有できるだけでなく、ベンダーも製品へ活用できるメリットに同氏は言及。「AIS」については、実際に国内ベンダーの参加がはじまっている。

また主要なセキュリティベンダーが参加する「CTA」によって、ベンダー自らビジネスモデルの変革に取り組んでいるという。

脅威情報は、従来よりセキュリティベンダーの収入源として考えられ、現在もビジネスにおいて大きく依存している状況にあるが、各ベンダーはもちろん、ユーザー企業も脅威情報へアクセスできる「コモディティ」であるべきと同氏は主張。

脅威情報のコモディティ化によって、より安全なエコシステムを築くことができるとし、今後セキュリティベンダーがビジネスを進める上で、脅威情報そのものではなく、共有された脅威情報をいかに活用するかが、他社と差別化する際のポイントになると述べた。

(Security NEXT - 2017/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米SymantecとNTTセキュリティ、CASBの活用で協業
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
東京海上日動とWHITE MOTION、自動車分野のセキュリティで提携
総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ
5分学習ツールに新コース - テーマはIPAの「情報セキュリティ5か条」
投資家が懸念するリスクのトップは「サイバー脅威」 - PwC調査
公衆無線LANにおけるセキュリティのあり方をまとめた報告書 - 総務省
制御システムのセーフティとセキュリティ実現に向けたガイド - IPA
ラック、インターポールとサイバー犯罪情報の共有契約を締結