Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全従業員のマイナンバーを収集した企業、7割から8割

従業員のマイナンバーをすべて収集したとする企業は、7割から8割ほどだったことがわかった。500人以上の企業の場合、4社に1社がすべて収集できていない状態だという。

野村総合研究所が5月から6月にかけて実施した調査で明らかになったもの。インターネットおよび対面で調査を行い、従業員数が5から29人、30から499人、500人以上の企業それぞれ105社、あわせて315社が回答した。

調査時点における従業員のマイナンバー収集率について、「100%」と回答した企業は従業員数5から29人の企業で89%、30から499人で71.4%、500人以上で75.3%だった。

20170801_nr_001.jpg
企業による従業員などのマイナンバー収集率(グラフ:野村総合研究所)

(Security NEXT - 2017/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
2016年度のマイナンバー関連事故は165件 - 6件が「重大な事態」
2016年のDLP市場は56億円 - プラス成長確保も伸び悩み
改正個人情報保護法、3割強は全面施行までに対応まにあわず
2016年度上半期、マイナンバー漏洩事故は66件 - 「重大事態」2件
マイナンバー法違反など83件、 2件は「重大事態」 - 試行的な立入検査実施も
グループ企業が多いほど進むマイナンバー対応
マイナンバー制度に8割超が不安 - 「期待」は4割届かず