Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

関東財務局、顧客情報流出でM2Jに行政処分 - 新規口座開設を当面停止

関東財務局は、顧客情報を保護するためのセキュリティ管理体制が不十分だったとして、外国為替取引サービスを提供するマネースクウェア・ジャパン(M2J)に対して行政処分を行った。

20170731_fs_001.jpg
行政処分を発表した関東財務局

M2Jでは7月に不正アクセスを受け、口座を開設した一部顧客の個人情報約2500件が外部へ流出したことが判明。

さらに2016年にも不正アクセスを受けた形跡が見つかり、約11万件の顧客情報が流出した可能性もあるとして、同社では調査を進めている。

金融商品取引法に基づき報告を受けた同局は、同社において顧客情報保護のためのセキュリティ管理体制が不十分だったと指摘。業務改善命令を出したもので、今回の問題について顧客へ周知し、問い合わせに対する十分な対応や、流出した顧客情報について不正利用など被害が拡大しないよう対策を講じることを求めた。

(Security NEXT - 2017/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
総務省、NTT東に行政指導 - 光回線卸売情報の目的外利用で
元役員による個人情報持ち出しが発生したDEXに行政指導
KDDI、携帯電話大規模障害で再発防止の実施結果を総務省へ報告
総務省、Wi-Fi機器レンタルのテレコムスクエアに個人情報漏洩で行政指導
個人情報漏洩で「イモトのWiFi」のエクスコムグローバルに行政指導
総務省、通信障害や個人情報消失でKDDIに行政指導
総務省、顧客情報漏洩を受けて携帯会社3社に行政指導
内容証明の謄本2824件を紛失 - 総務省が行政指導
回収した携帯電話経由の個人情報漏洩でKDDIに行政指導