Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年度の電気通信事故報告件数は6293件 - 重大事故は5件

事故を発生要因別に見ると、自社以外の「外的要因」が60%。次いで自然故障など「設備的な要因」が34%と多い。また故障設備別では、「伝送路設備」に起因する事故が46%で最多で、「伝送交換設備」が41%、「サーバ設備」が10%だった。

また電気通信事業法では、事故の継続時間や影響利用者数、緊急通報への影響の有無などを基準として、あてまはるものを「重大な事故」と定めているが、同年度に報告があった重大な事故は5件。前年度の8件を下回った。重大な事故のうち、1件は携帯電話の通話における事故で、4件はメールやMVNOに関する事故だった。

重大事故の発生要因を見ると、「設備要因(ソフトウェアの不具合)」が4件、「外的要因(ほかの電気通信事業者の事故)」が1件。故障設備別では、「サーバ設備(その他)」が4件で、「伝送交換設備(中継、制御装置)」が1件だった。

(Security NEXT - 2017/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス
委託先に標的型攻撃、電気通信設備の資料が流出か - 国交省
海賊版サイトへのアクセス抑止策に関する報告書 - 総務省
シンガポール医療機関の大規模情報漏洩、関与グループが判明
総務省、電気通信事故の報告基準を改正 - 「LPWA」の基準を制定
「認定送信型対電気通信設備サイバー攻撃対処協会」にICT-ISACを認定 - 総務省
ソフトバンク、通信障害の事故報告書を総務省へ提出
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から
電気通信事業者によるサイバー攻撃対処案 - パブコメ実施
総務省、NTT東に行政指導 - 光回線卸売情報の目的外利用で