Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年度の電気通信事故報告件数は6293件 - 重大事故は5件

2016年度に電気通信事業者より報告があった事故は6293件で、前年度比104件増となった。報告のうち5件は重大事故だったという。

総務省が電気通信事業者より報告を受けた電気通信に関連する事故の状況について取りまとめたもの。電気通信サービスの停止または品質低下が2時間以上継続、または影響利用者数3万人以上の事故について、四半期ごとの報告が求められる。

2016年度に報告があった電気通信事故は6293件で、前年度の6189件を104件上回った。報告を行った事業者は128社で、前年度の127社からほぼ横ばいだった。

報告があった電気通信事故のうち、93.8%が影響利用者数500人未満で、継続時間2時間以上5時間未満が半数。サービス別では「データ通信サービス」が63%を占めており、「音声サービス」が28%だった。

20170731_so_001.jpg
報告があった事故件数の推移(グラフ:総務省)

(Security NEXT - 2017/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
電気通信事業者におけるサイバー攻撃などへの対応の方向性を策定 - 総務省
プロバイダにおける迷惑メール対策導入状況を公表 - 総務省
総務省、電気通信事業者向け個人情報保護ガイドラインでパブコメ案
電気事業者向け個人情報保護ガイドライン - パブコメ結果公表
電気通信事業者担当者の個人情報をメールに誤添付 - 総務省
組込機器やIoTシステム向けに「KasperskyOS」 - ポリシーで動作を限定
電気通信事業者向け個人情報保護ガイドライン案でパブコメ実施
総務省、迷惑メール防止技術の導入状況を公表 - DMARC導入は2社