Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響

2017年第2四半期は、ウイルスの検出数が約5分の1に減少する一方、不正プログラムの検出数は、ランサムウェアの増加が影響し、3倍弱に跳ね上がった。

情報処理推進機構(IPA)によれば、同四半期におけるウイルスの検出数は1717件。前四半期の9317件から約5分の1に縮小した。

「Conficker」「Kido」といった別名でも知られるワーム「Downad」が、前四半期に5677件と一時大幅な増加を見せたが、同四半期には40件と、2016年とほぼ同じ水準へ落ち着いた。同四半期にもっとも多く検出されたのは「Bagle」。前四半期の180件から322件に増加している。

同一の届出者のもとで、同種のウイルスが同日中に複数検出された場合に1件とカウントする「届出件数」は470件。前四半期の480件から微増した。感染被害報告は寄せられていない。

20170725_ip_002.jpg
ウイルス検出数の推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2017/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なくならない「WannaCrypt」の検出 - 国内で少なくとも1900台が脆弱性を放置か
2017年の悪意あるファイル、1日あたり36万件 - 前年比11.5%増
米政府、「WannaCrypt」の攻撃者を北朝鮮と断定 - 日本も同調
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
JPCERT/CC、「ランサムウェア特設サイト」開設 - 対策を紹介