Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「macOS Sierra 10.12.6」などセキュリティアップデート

Appleは、Mac向けのセキュリティアップデートとなる「macOS Sierra 10.12.6」「Security Update 2017-003 El Capitan」「Security Update 2017-003 Yosemite」をリリースした。

カーネルに関する10件の脆弱性をはじめ、画像や音声の処理、ライブラリ、Wi-Fi、Bluetooth、curlなどに含まれる脆弱性について、、CVEベースで37件に対処した。

今回のアップデートで解消した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2016-9586
CVE-2016-9594
CVE-2017-2629
CVE-2017-7008
CVE-2017-7009
CVE-2017-7010
CVE-2017-7013
CVE-2017-7014
CVE-2017-7015
CVE-2017-7016
CVE-2017-7017
CVE-2017-7021
CVE-2017-7022
CVE-2017-7023
CVE-2017-7024
CVE-2017-7025
CVE-2017-7026
CVE-2017-7027
CVE-2017-7028
CVE-2017-7029
CVE-2017-7031
CVE-2017-7032
CVE-2017-7033
CVE-2017-7035
CVE-2017-7036
CVE-2017-7044
CVE-2017-7045
CVE-2017-7047
CVE-2017-7050
CVE-2017-7051
CVE-2017-7054
CVE-2017-7062
CVE-2017-7067
CVE-2017-7068
CVE-2017-7069
CVE-2017-7468
CVE-2017-9417

(Security NEXT - 2017/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
Mozilla、「Firefox 57.0.1」で脆弱性2件を解消