Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「macOS Sierra 10.12.6」などセキュリティアップデート

Appleは、Mac向けのセキュリティアップデートとなる「macOS Sierra 10.12.6」「Security Update 2017-003 El Capitan」「Security Update 2017-003 Yosemite」をリリースした。

カーネルに関する10件の脆弱性をはじめ、画像や音声の処理、ライブラリ、Wi-Fi、Bluetooth、curlなどに含まれる脆弱性について、、CVEベースで37件に対処した。

今回のアップデートで解消した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2016-9586
CVE-2016-9594
CVE-2017-2629
CVE-2017-7008
CVE-2017-7009
CVE-2017-7010
CVE-2017-7013
CVE-2017-7014
CVE-2017-7015
CVE-2017-7016
CVE-2017-7017
CVE-2017-7021
CVE-2017-7022
CVE-2017-7023
CVE-2017-7024
CVE-2017-7025
CVE-2017-7026
CVE-2017-7027
CVE-2017-7028
CVE-2017-7029
CVE-2017-7031
CVE-2017-7032
CVE-2017-7033
CVE-2017-7035
CVE-2017-7036
CVE-2017-7044
CVE-2017-7045
CVE-2017-7047
CVE-2017-7050
CVE-2017-7051
CVE-2017-7054
CVE-2017-7062
CVE-2017-7067
CVE-2017-7068
CVE-2017-7069
CVE-2017-7468
CVE-2017-9417

(Security NEXT - 2017/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ColdFusion」に3件の深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
WP向け出勤管理プラグインなどに複数脆弱性
OSSのwikiシステム「GROWI」に2件の脆弱性 - アップデートがリリース
「VMware Tools」や「Workstation」に脆弱性
HPE IMCに多数の深刻な脆弱性 - 早急にアップデートを
「Windows 10」のリモート接続で画面認証回避のおそれ - 修正パッチは未提供
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
PHPにヒープバッファーフローなど複数の脆弱性 - アップデートが公開
「Joomla」のファイル添付機能拡張に脆弱性 - コード実行のおそれ