Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京情報大と日立システムズ、セキュリティ分野で包括連携 - 医療分野での対策を研究

東京情報大学と日立システムズは、サイバーセキュリティに関する包括連携協定を締結した。看護学部におけるセキュリティ教育や、医療分野におけるサイバー攻撃対策の研究で連携していくという。

両者は2012年より連携し、同大の統合情報学部において、セキュリティインシデントの兆候に関する解析やサイバー攻撃の検出手法の研究、情報セキュリティ人材の育成などに取り組んできた。

今回締結した包括連携協定により、これまでの取り組みにくわえ、同大に新設された看護学部の学生に対する情報セキュリティ教育を行うほか、医療分野におけるサイバー攻撃の問題抽出や、防衛策の研究に関する連携を強化する。

(Security NEXT - 2017/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大阪商工会議所ら、中小企業狙うサイバー攻撃を実態調査 - 通信データ収集分析
家庭内IoT機器、現存マルウェアからはルータで保護可能 - ただしルータへの侵入防護が条件
JNSA、公開鍵暗号技術を考えるセミナーを都内で開催
フィッシングサイトのドメイン登録を検知する技術を共同研究 - フィ対協と長崎県立大
情セ大、情報セキュリティ文化賞の受賞者6名を発表
日立と慶大、「分散型セキュリティオペレーション」構想を提唱 - インシデント対応を迅速化
家庭向けIoT機器狙う攻撃、国内発信元は3.5万件超で増加傾向
JSSEC、スマホやIoTのセキュリティをテーマとしたシンポジウムを開催
「サイバーセキュリティ月間」の「キックオフサミット」が開催 - ニコ生でライブ予定
SECCON、自作ツールのデモ展示企画「SECCON YOROZU」を実施