Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京情報大と日立システムズ、セキュリティ分野で包括連携 - 医療分野での対策を研究

東京情報大学と日立システムズは、サイバーセキュリティに関する包括連携協定を締結した。看護学部におけるセキュリティ教育や、医療分野におけるサイバー攻撃対策の研究で連携していくという。

両者は2012年より連携し、同大の統合情報学部において、セキュリティインシデントの兆候に関する解析やサイバー攻撃の検出手法の研究、情報セキュリティ人材の育成などに取り組んできた。

今回締結した包括連携協定により、これまでの取り組みにくわえ、同大に新設された看護学部の学生に対する情報セキュリティ教育を行うほか、医療分野におけるサイバー攻撃の問題抽出や、防衛策の研究に関する連携を強化する。

(Security NEXT - 2017/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供
常時SSL/TLS採用の国内企業サイトは約2割 - 大学と銀行で半数強
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
誤データ混入を防ぎつつ暗号化医療データを統計解析 - NICT
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
九大ら、スマートファクトリー向けセキュアプラットフォームを共同研究
横国大とBBSS、共同研究開始 - 「バーチャルIoTホームハニーポット」を活用
ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず