Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Bitcoin分裂危機、一部事業者が取引を一時停止 - 分裂の影響は不透明

日本仮想通貨事業者協会(JCBA)は、日本時間8月1日9時過ぎに予想されるBitcoin分裂危機への対応として、同協会に加盟する13社の取引所において、同日よりBitcoin取引を一時停止すると発表した。

Bitcoinは、「ブロックチェーン」により取引データを記録する仮想通貨。ブロックチェーンでは、運営ルールの変更などにより2つに分裂する「フォーク」の状態が発生する場合があるものの、通常は分裂後に収束するが、重大な運営ルールの変更で意見が対立し、プロトコルの分岐によってフォーク状態が半永続的に続く「賛否両論フォーク」が8月1日より発生する懸念が出ている。

同協会では、複数フォークの並存により、Bitcoinの利用者や交換事業者のサービスに重大なセキュリティリスクが生じる可能性があると指摘。Bitcoinについても名称が変更される可能性もある。

こうした状況を受け、同協会では顧客の資産保護に向けて、各会員において分裂が起こる前より、問題が収束するまでビットコインの受け入れと払い出しの受け付けを一時的に停止する。

8月1日0時を持って受付を停止する予定だが、分裂が早まる可能性が浮上した場合には、各会員の判断で停止日時を繰り上げる可能性もあるとしている。受付の再開スケジュールは未定。

受付再開後、フォークによって複数のブロックチェーンが並存する状況となった場合、各会員企業では、分岐した各ブロックチェーンにBitcoinが継続して記録されていれば、代表的なブロックチェーンで継続されたBitcoinの引き出しに可能な範囲で応じるとする一方、一部ブロックチェーンでの売買を継続しない可能性もあるとしている。

同協会に加盟する事業者は以下のとおり。

ビットバンク
ビットポイントジャパン
QUOINE
フィスコ仮想通貨取引所
コインチェック
BTCボックス
テックビューロ
GMO-Z.comコイン
CAMPFIRE
ビットトレード
バイクリメンツ
東京ビットコイン取引所
みんなのビットコイン

(Security NEXT - 2017/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
取引所にフォークコイン付与を求め、集団訴訟へ - 弁護団が結成
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか