Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、同社製品群への定例更新で脆弱性308件を修正

Oracleは、定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開し、308件の脆弱性を解消した。

四半期ごとに公開している定例アップデート「CPU」により「Oracle Database Server」に関する脆弱性4件や、「Oracle Fusion Middleware」の脆弱性44件をはじめ、複数の脆弱性へ対処したもの。

「Oracle Financial Services Applications」「Oracle Hospitality Applications」「Java SE」「Solaris」「MySQL」「Oracle VM VirtualBox」など、あわせて308件の脆弱性を修正している。

今回対応した脆弱性のうち、共通脆弱性評価システム「CVSS v3」でスコアが「7.0」以上で「緊急」または「重要」とされる脆弱性は132件。同社は、脆弱性の悪用を防止するため、テスト環境で動作を確認したうえで、早期にアップデートを適用するよう推奨している。

なお、次回の定例アップデートの公開は米国時間10月17日を予定している。

(Security NEXT - 2017/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

横河電機の複数製品に脆弱性 - ライセンス管理機能に起因
「AWS」や「Azure」、「Foreshadow」に対応済み
MS、「Foreshadow」対策でアドバイザリ - アップデートや追加対応策の実施を
「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ
「Adobe Experience Manager」に脆弱性 - アップデートをリリース
「VMware Workstation」などに深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
【訂正あり】「Oracle Database」にあらたな脆弱性、一部バージョンは7月のパッチで修正済み
「Samba」に5件の脆弱性 - 制御奪取や情報漏洩のおそれ
LinuxカーネルのIPフラグメント処理に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃