Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通ら9社、情報銀行の実証実験 - パーソナルデータの対価に「FUJITSUコイン」

富士通とイオンフィナンシャルサービスなど9社は、パーソナルデータを活用した情報銀行の実証実験を、富士通の従業員を対象に8月中旬から2カ月間実施する。

情報銀行は、パーソナルデータを所有者自身が預け、提供するデータ量に応じて対価が支払われるしくみ。

同実証実験には、富士通が提供するパーソナルデータストア(PDS)「FUJITSU Cloud Service K5 Personium Service」を基盤として活用し、パーソナルデータの収集、分析、事業者側がデータを利活用するための手順の検証、仮想通貨による還元方法など、ビジネスモデルの有用性などについて検証する。

(Security NEXT - 2017/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

電通テック、パーソナルデータの管理と活用で新会社
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念
凸版印刷、パーソナルデータ利活用で米Planetwayと協業
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
総務省と経産省、データポータビリティに関する検討会 - 社会インフラ分野も含め議論
ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
個人情報保護委、匿名加工情報や安全管理措置についてまとめたレポート
【特別企画】スマホの先にあるIoTやAI時代のセキュリティ - 都内でシンポジウム