Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通ら9社、情報銀行の実証実験 - パーソナルデータの対価に「FUJITSUコイン」

富士通とイオンフィナンシャルサービスなど9社は、パーソナルデータを活用した情報銀行の実証実験を、富士通の従業員を対象に8月中旬から2カ月間実施する。

情報銀行は、パーソナルデータを所有者自身が預け、提供するデータ量に応じて対価が支払われるしくみ。

同実証実験には、富士通が提供するパーソナルデータストア(PDS)「FUJITSU Cloud Service K5 Personium Service」を基盤として活用し、パーソナルデータの収集、分析、事業者側がデータを利活用するための手順の検証、仮想通貨による還元方法など、ビジネスモデルの有用性などについて検証する。

(Security NEXT - 2017/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報保護委、匿名加工情報や安全管理措置についてまとめたレポート
【特別企画】スマホの先にあるIoTやAI時代のセキュリティ - 都内でシンポジウム
パーソナルデータの利活用、「期待より不安」が過半数
KDDI研究所、複数手法を利用できる匿名加工情報作成ツール
ココン、セキュリティ領域の強化に向けてレピダムを買収
日立、パーソナルデータを暗号化したまま個人を特定しにくくする技術
行政や独法のパーソナルデータ利用ニーズについて意見募集 - 総務省
経産省、パーソナルデータ利活用でガイドライン - 明快な通知や意思確認求める
政府、パーソナルデータ大綱のパブコメ結果を公表 - 1000件超の意見集まる
個人情報のビッグデータ活用に向けた調査報告書を公開 - IPA