Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

岩手県内2労基署で個人情報含む文書を紛失

花巻労働基準監督署や宮古労働基準監督署において、個人情報含む監督関係書類が所在不明になっている。

岩手労働局によれば、両監督署で合計8社分の監督関係書類が所在不明になっているもの。監督指導に関する監督復命書、事業場に公布した指導票控え、事業場から提出された是正報告書などで、代表者と労働者の氏名や賃金支給額などが記載されていた。

6月2日、花巻署において2014年度に実施した2社分の監督関係書類が紛失していることが判明。ほかの年度の書類を点検したところ、あらたに2社分の紛失が明らかになった。

花巻署の紛失を受け、13日から同局の管内におけるすべての労働基準監督署において書類の一斉点検を実施。宮古署で4社分の紛失が判明した。

いずれも不要書類と一緒に誤って廃棄した可能性が高いと説明しており、各署長が対象となる企業に説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2017/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

再委託先で顧客情報入りPCを飲酒後に盗難被害 - 東京ガス関係会社
登録者情報が外部流出、従業員の持出で - スタッフサービス
業務メール誤送信で関係者のメアド流出 - 労働者健康安全機構
患者の個人情報が路上に散乱、すべて回収 - 昭和大病院
セミナー申込フォームに設定不備、個人情報が流出 - 雇用人材協会
産業労働センターでメール誤送信、受信者の指摘で判明 - 愛知県
労災関連資料を保存期間誤り廃棄 - 大阪南労基署
融資受けた顧客の書類が飛散、一部回収できず - 中央労金
厚労省、個人情報をサイトに一時誤掲載 - 申請や承認時にミス気付かず
保存すべきアスベスト関連文書2万件を誤廃棄