Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年度のSaaS型認証管理サービス市場、前年比3割増

2016年度の国内におけるSaaS型のアイデンティティおよびアクセス管理市場規模は前年度比30.9%増と高い成長率となった。

同調査は、ITRが国内28社へ調査を実施、同市場における売上実績や売上予測などを分析したもの。2016年度の売上金額は7億円で前年度比30.9%増となった。

同社では、シングルサインオンのほか、多要素認証や高度な生体認証、リスクベース認証、特権ID管理の需要も増加しているとし、2017年度の市場規模を9億円と予測した。

また、IoTデバイス管理の一環としてアイデンティティ情報を活用する動きがあり、IoTの普及に比例して販売の増加が見込まれるとし、2021年度にかけて2桁の成長を維持すると分析。2021年度までの年平均成長率を20.1%、2021年度の市場規模を18億円と見込んでいる。

(Security NEXT - 2017/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
2016年のモバイルセキュリティ市場は65億円 - 5年後には2倍に
2016年度の国内セキュリティ市場は9327億円 - 成長やや鈍化するものの堅調
イー・ガーディアン、HASHコンサルなど子会社3社の社名を変更 - CIも統一
15.3%の企業で被害、ランサムで泣き寝入りも
2015年の国内セキュリティ市場は8965億円 - 前年比6.4%増
国内モバイルセキュリティの市場規模は56億円 - 2020年には約2倍に
2015年の外部脅威対策製品市場は1778億円 - 前年比5.8%増
2014年度の国内セキュリティ市場規模は8428億円 - JNSAまとめ
一石投じるMSのパスワードガイダンス - 多文字種や定期変更は不要、でも多要素認証を