Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、脆弱性「Orpheus' Lyre」に7月の月例パッチで対応済み

「Kerberos」に起因する深刻な脆弱性「Orpheus' Lyre(オルフェウスの竪琴)」が公表された。Windowsにも影響があり、マイクロソフトでは7月の月例セキュリティ更新で対応済みだという。

20170713_ol_001.jpg
Orpheus' Lyre

問題の脆弱性「Orpheus' Lyre」は、「Kerberos」における認証を回避する脆弱性。中間者攻撃により悪用されるおそれがある。

脆弱性を報告した研究者は、吟遊詩人のオルフェウスが竪琴を奏でて冥界の番犬であるケルベロスをおとなしくさせたギリシャ神話になぞり、「オルフェウスの竪琴(Orpheus' Lyre)」と名付けたという。プロトコルそのものの脆弱性ではなく、実装に起因する脆弱性であると説明している。

「Heimdal」を実装した「Samba」では、開発チームは同脆弱性を「CVE-2017-11103」として修正パッチをリリース。一部LinuxディストリビューションやBSDなどで対応が進められている。

一方Windowsに関しては、同脆弱性に「CVE-2017-8495」が割り当てられており、マイクロソフトは7月の月例セキュリティ更新で修正プログラムをリリースしたという。

(Security NEXT - 2017/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
「Chrome 74」がリリース、脆弱性など39件を修正
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正