Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、脆弱性「Orpheus’ Lyre」に7月の月例パッチで対応済み

「Kerberos」に起因する深刻な脆弱性「Orpheus’ Lyre(オルフェウスの竪琴)」が公表された。Windowsにも影響があり、マイクロソフトでは7月の月例セキュリティ更新で対応済みだという。

20170713_ol_001.jpg
Orpheus’ Lyre

問題の脆弱性「Orpheus’ Lyre」は、「Kerberos」における認証を回避する脆弱性。中間者攻撃により悪用されるおそれがある。

脆弱性を報告した研究者は、吟遊詩人のオルフェウスが竪琴を奏でて冥界の番犬であるケルベロスをおとなしくさせたギリシャ神話になぞり、「オルフェウスの竪琴(Orpheus’ Lyre)」と名付けたという。プロトコルそのものの脆弱性ではなく、実装に起因する脆弱性であると説明している。

「Heimdal」を実装した「Samba」では、開発チームは同脆弱性を「CVE-2017-11103」として修正パッチをリリース。一部LinuxディストリビューションやBSDなどで対応が進められている。

一方Windowsに関しては、同脆弱性に「CVE-2017-8495」が割り当てられており、マイクロソフトは7月の月例セキュリティ更新で修正プログラムをリリースしたという。

(Security NEXT - 2017/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Intelのリモート管理機能に複数の脆弱性 - リモートからコード実行のおそれ
NTT東の一部「光ポータブル」にDNSキャッシュ汚染のおそれ - サポート終了で修正実施せず
シマンテックの管理製品に脆弱性 - リモートより攻撃受けるおそれ
「Windows 8」以降で本来の脆弱性保護が発揮できないケースが判明 - 「EMET」などが裏目に
「VMware NSX for vSphere」にXSSの脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
「VMware Workstation」「Fusion」に深刻な脆弱性 - 更新がリリース
「Oracle Tuxedo」に深刻な脆弱性 - 更新を強く推奨
シャープのロボット掃除機「COCOROBO」に脆弱性 - 不正操作のおそれ
Symantecのエンドポイント製品「SEP」に脆弱性
Cisco UCMなどのアップグレード機能に深刻な脆弱性