Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス

IIJグローバルソリューションズは、海外拠点のセキュリティを運用、管理するサービス「Secure de! World」を提供開始した。

同サービスは、シスコシステムズ製のUTMを活用した海外拠点のセキュリティ対策サービス。海外に進出している日系企業向けに機器のほか、機器の監視、日本語によるヘルプデスクなどを提供する。

海外拠点のネットワークに設置したUTMでは、マルウェア対策、ファイアウォール、ウェブフィルタリング、不正侵入対策などを提供。クラウド型の統合管理ポータルにより、日本国内から運用状況の確認や、セキュリティポリシーの設定が行える。

料金は、30ユーザーの拠点で利用する場合、初期料金が29万7540円から。月額利用料が1万368円から。

(Security NEXT - 2017/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応
独自のセキュリティマネジメント枠組を導入支援 - パロアルト
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
システム開発の「Shift Left」を支援するコンサルサービス - BBSec
法人SOC向けにセキュリティソリューション群 - カスペ
「EDR原因解析サービス」 - シーイーシーとソフォス
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
QRコード決済事業者向けのコンサルサービス - BBSec