Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス

IIJグローバルソリューションズは、海外拠点のセキュリティを運用、管理するサービス「Secure de! World」を提供開始した。

同サービスは、シスコシステムズ製のUTMを活用した海外拠点のセキュリティ対策サービス。海外に進出している日系企業向けに機器のほか、機器の監視、日本語によるヘルプデスクなどを提供する。

海外拠点のネットワークに設置したUTMでは、マルウェア対策、ファイアウォール、ウェブフィルタリング、不正侵入対策などを提供。クラウド型の統合管理ポータルにより、日本国内から運用状況の確認や、セキュリティポリシーの設定が行える。

料金は、30ユーザーの拠点で利用する場合、初期料金が29万7540円から。月額利用料が1万368円から。

(Security NEXT - 2017/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
ファイア・アイ、中小企業向けに運用保守まで含めたパッケージ
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス
富士通ら、NISTセキュリティ基準への対応を支援するコンサルサービス
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
UTMに運用支援とサイバー保険を付帯したパッケージ
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始