Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス

IIJグローバルソリューションズは、海外拠点のセキュリティを運用、管理するサービス「Secure de! World」を提供開始した。

同サービスは、シスコシステムズ製のUTMを活用した海外拠点のセキュリティ対策サービス。海外に進出している日系企業向けに機器のほか、機器の監視、日本語によるヘルプデスクなどを提供する。

海外拠点のネットワークに設置したUTMでは、マルウェア対策、ファイアウォール、ウェブフィルタリング、不正侵入対策などを提供。クラウド型の統合管理ポータルにより、日本国内から運用状況の確認や、セキュリティポリシーの設定が行える。

料金は、30ユーザーの拠点で利用する場合、初期料金が29万7540円から。月額利用料が1万368円から。

(Security NEXT - 2017/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PFU、サイバー攻撃の過程を可視化する「iNetSec MP 2040」
CSIRTのワークフロー管理を支援するクラウドアプリ - NANAROQ
NTT Com、CSIRTの支援サービス - 脅威情報収集や分析をサポート
富士通、米国土安全保障省の脅威情報共有「AIS」と連携
マカフィー、SIEMの活用ノウハウを提供するパッケージを拡充
富士通FIP、「PCI DSS」準拠を支援するクラウドサービス
セキュアブレイン、脅威情報を月1回提供するサービス - オプションも
マクニカネット、蘭SecurityMatters製の制御システム向けセキュリティソリューション
カスペ、中小企業向けにエンドポイント製品の導入支援サービス
セコムとルネサス、IoTセキュリティ基盤の開発で協業