Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省、クレジットカード加盟店契約に関するガイドライン策定

経済産業省は、改正割賦販売法の施行に向けて、モデルとなるクレジットカード加盟店契約のあり方をまとめた「クレジットカード加盟店契約に関するガイドライン」を策定した。

同ガイドラインは、2016年12月に公布された改正割賦販売法の円滑な施行を図る目的で、モデルとなる加盟店契約のあり方について明示したもの。

同法ではカード加盟店に対し、カード番号の適切な管理や不正利用の防止などセキュリティ対策を義務付けているほか、カード会社には加盟店がセキュリティ対策を講じているか調査し、調査結果に基づいた措置を講じることを求めている。

同省では同法施行後の加盟店契約のあり方について、有識者や関連団体の選出委員からなる「ガイドライン検討委員会」を設置。同委員会が取りまとめた報告書をもとにガイドラインの検討を進めていた。

同ガイドラインでは、加盟店におけるセキュリティ対策、カード会社による加盟店調査、決済端末がIC未対応の加盟店で不正利用被害が発生した場合の損失負担などについて、カード加盟店契約を締結または改訂する際の参考とすべきモデルとなる契約条項と、既存契約に関する解釈指針を示している。

(Security NEXT - 2017/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
セキュリティ質問の再設定に見せかけて情報詐取 - 偽Appleに注意
凸版印刷とTIS、MSS展開で協業
顧客情報記載の書類を搬送中に紛失 - 常陽クレジット
個人情報盗むChrome拡張機能、公式ストアに89件 - 削除妨害機能も
フィッシング報告、2カ月連続で減少 - 800件台に
「全国銀行個人信用情報センター」装う偽サイトに注意 - 「自宅に直接伺う」との記載も
不正アクセスでクレカ情報が流出 - アイスキャンデー通販サイト
「三菱クレジットカード」を名乗るフィッシング攻撃
カードの請求明細書を異なる会員へ誤送付 - イオン銀