Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省、クレジットカード加盟店契約に関するガイドライン策定

経済産業省は、改正割賦販売法の施行に向けて、モデルとなるクレジットカード加盟店契約のあり方をまとめた「クレジットカード加盟店契約に関するガイドライン」を策定した。

同ガイドラインは、2016年12月に公布された改正割賦販売法の円滑な施行を図る目的で、モデルとなる加盟店契約のあり方について明示したもの。

同法ではカード加盟店に対し、カード番号の適切な管理や不正利用の防止などセキュリティ対策を義務付けているほか、カード会社には加盟店がセキュリティ対策を講じているか調査し、調査結果に基づいた措置を講じることを求めている。

同省では同法施行後の加盟店契約のあり方について、有識者や関連団体の選出委員からなる「ガイドライン検討委員会」を設置。同委員会が取りまとめた報告書をもとにガイドラインの検討を進めていた。

同ガイドラインでは、加盟店におけるセキュリティ対策、カード会社による加盟店調査、決済端末がIC未対応の加盟店で不正利用被害が発生した場合の損失負担などについて、カード加盟店契約を締結または改訂する際の参考とすべきモデルとなる契約条項と、既存契約に関する解釈指針を示している。

(Security NEXT - 2017/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

6億円当選かたり、個人情報詐取するフィッシング - プレゼント付預金の人気に便乗か
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
銀行狙わぬ「バンキングトロジャン」も - 標的はクレカやアカウント、仮想通貨も
クレカ被害、番号盗用の割合が8割超に - カード偽造被害は5.6%
2017年4Qのクレカ不正使用被害は59.6億円 - 2017年は前年比約1.7倍に
「アカウント閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 個人情報やクレカ情報を詐取
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出