Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HikvisionやDahua製のネットワークカメラに脆弱性

HikvisionやDahua Technology製のネットワークカメラにおいて、認証機能に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

Hikvisionにおいては、認証不備の脆弱性「CVE-2017-7921」や、設定ファイルにパスワードが記載されている脆弱性「CVE-2017-7923」が判明した。

またDahua製の複数のネットワークカメラに関しても、ファイルへパスワードが直接記載されている脆弱性「CVE-2017-7927」が存在。パスワードハッシュのみにより認証する脆弱性「CVE-2017-7925」も明らかとなっている。

いずれも脆弱性を悪用されると管理者として操作が行われるおそれがある。いずれもアップデートが公開されており、セキュリティ機関などはアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
2件の脆弱性を解消した「Joomla! 3.7.4」がリリース - 複数バグにも対応
WP向けプラグイン「Popup Maker」にXSSの脆弱性
「gSOAP」に脆弱性、2GB超の細工されたデータの処理で影響
CSSカスタマイズ用WordPressプラグインに脆弱性 - アップデートが公開
Apple、「macOS Sierra 10.12.6」などセキュリティアップデート
Apple、アップデート「iOS 10.3.3」をリリース - 脆弱性47件を修正
ブラウザ向け拡張機能「Yahoo!ツールバー」、10月31日にサポート終了へ
「Apache HTTP Web Server」のアップデートがリリース - 「同2.2系」は未修正だった4件も対処
脆弱性「SambaCry」狙うマルウェアに警戒を - NASなども標的に