Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多

中小企業の5.1%がマルウェアに感染した経験があり、被害内容では「データ破壊」が36.2%でもっとも多かった。迷惑メール送信の踏み台にされたケースも11.3%あった。

情報処理推進機構(IPA)が、従業員が300人以下の中小企業を対象に郵送やウェブを通じて2016年10月から2017年2月にかけて情報セキュリティ対策に関するアンケート調査を実施。4318人が回答した。

マルウェア感染に関する調査では、5.1%が「マルウェアに感染した」と回答。26.7%は「マルウェアを発見したが感染はしなかった」と答えた。企業規模が大きいほど感染経験の割合が高く、小規模企業が3.8%だったのに対し、101人以上の企業では9.2%だった。

業種別では「卸売業」が高く、8.9%がマルウェアに感染したと回答。次いで「不動産業、物品賃貸業(7.6%)」「製造業、鉱業、電気、ガス、熱供給、水道業(6.8%)」と続く。

(Security NEXT - 2017/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米サイバー軍が「VirusTotal」にマルウェア検体を提供 - 民間との連携強調
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
医療機関のインシデント対応強化を自治体に要請 - 厚労省
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
広告関連のPUAやマルウェアで検出全体の7割弱 - ESET
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で