Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多

中小企業の5.1%がマルウェアに感染した経験があり、被害内容では「データ破壊」が36.2%でもっとも多かった。迷惑メール送信の踏み台にされたケースも11.3%あった。

情報処理推進機構(IPA)が、従業員が300人以下の中小企業を対象に郵送やウェブを通じて2016年10月から2017年2月にかけて情報セキュリティ対策に関するアンケート調査を実施。4318人が回答した。

マルウェア感染に関する調査では、5.1%が「マルウェアに感染した」と回答。26.7%は「マルウェアを発見したが感染はしなかった」と答えた。企業規模が大きいほど感染経験の割合が高く、小規模企業が3.8%だったのに対し、101人以上の企業では9.2%だった。

業種別では「卸売業」が高く、8.9%がマルウェアに感染したと回答。次いで「不動産業、物品賃貸業(7.6%)」「製造業、鉱業、電気、ガス、熱供給、水道業(6.8%)」と続く。

(Security NEXT - 2017/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
2019年上半期の標的型攻撃は2687件 - 圧縮ファイル悪用が急増
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説
警視庁とソースネクストがサイバー犯罪対応で協定
警視庁、セキュリティ体験イベント開催 - 小嶋真子さん「1日対策本部長」に