Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多

中小企業の5.1%がマルウェアに感染した経験があり、被害内容では「データ破壊」が36.2%でもっとも多かった。迷惑メール送信の踏み台にされたケースも11.3%あった。

情報処理推進機構(IPA)が、従業員が300人以下の中小企業を対象に郵送やウェブを通じて2016年10月から2017年2月にかけて情報セキュリティ対策に関するアンケート調査を実施。4318人が回答した。

マルウェア感染に関する調査では、5.1%が「マルウェアに感染した」と回答。26.7%は「マルウェアを発見したが感染はしなかった」と答えた。企業規模が大きいほど感染経験の割合が高く、小規模企業が3.8%だったのに対し、101人以上の企業では9.2%だった。

業種別では「卸売業」が高く、8.9%がマルウェアに感染したと回答。次いで「不動産業、物品賃貸業(7.6%)」「製造業、鉱業、電気、ガス、熱供給、水道業(6.8%)」と続く。

(Security NEXT - 2017/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート