Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Connect」のアップデートが公開 - 脆弱性3件に対処

Adobe Systemsは、Windows向けに提供されている「Adobe Connect」のセキュリティアップデートをリリースした。3件の脆弱性を修正したという。

20170712_as_002.jpg
3件の脆弱性へ対応したAdobe Systems

今回のアップデートでは、重要度「クリティカル(Critical)」の脆弱性は含まれておらず、3段階中2番目にあたる「重要(Important)」にあたるクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性2件、およびもっとも低い「中(Moderate)」のクリックジャッキングの脆弱性1件のあわせて3件を修正した。

同社は、「同9.6.2」をリリース。適用優先度は、任意のタイミングでアップデートを促す3段階中もっとも低い「3」とレーティングしている。

(Security NEXT - 2017/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WebLogic」に深刻な脆弱性、リモートよりコード実行のおそれ - 4月の修正とは異なる脆弱性
ゼロデイ攻撃発生中の脆弱性へ対処した「Firefox 67.0.3」がリリース
LINE海外法人の求人サイトに脆弱性、外部報告で判明 - 調査以外の形跡確認されず
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か
MTAの「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートでコマンド実行のおそれ
WP向け動画埋め込みプラグインに脆弱性
「Firefox 67.0.2」がリリース、Windows版の脆弱性を修正
「Minecraftサーバ」向けプラグインに脆弱性
「ColdFusion」に3件の深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開