Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Connect」のアップデートが公開 - 脆弱性3件に対処

Adobe Systemsは、Windows向けに提供されている「Adobe Connect」のセキュリティアップデートをリリースした。3件の脆弱性を修正したという。

20170712_as_002.jpg
3件の脆弱性へ対応したAdobe Systems

今回のアップデートでは、重要度「クリティカル(Critical)」の脆弱性は含まれておらず、3段階中2番目にあたる「重要(Important)」にあたるクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性2件、およびもっとも低い「中(Moderate)」のクリックジャッキングの脆弱性1件のあわせて3件を修正した。

同社は、「同9.6.2」をリリース。適用優先度は、任意のタイミングでアップデートを促す3段階中もっとも低い「3」とレーティングしている。

(Security NEXT - 2017/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドの「InterScan Web Security」に脆弱性 - ホットフィクスがリリース
「WordPress」に複数の脆弱性 - プレースホルダ利用でもSQLiのおそれ
「Apache Tomcat」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
複数のVMware製品に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「RoboHelp」向けにセキュリティアップデートをリリース
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 「IE」や「Edge」同梱版は早急に更新を
ペアリング不要、近隣端末を「Bluetooth」乗っ取れる「BlueBorne」 - 53億台に影響か
「脆弱性届出制度」に関する説明会を開催 - IPA
MS月例パッチで修正されたゼロデイ脆弱性、国家の諜報活動に悪用か