Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワーク上の感染端末を検知するツール - セキュアブレイン

セキュアブレインは、組織内のネットワークよりマルウェアに感染した端末を検出する「Outlier」を提供開始する。

同ツールは、端末へエージェントの導入が不要な米Outlier Security製の端末監査ツール。組織内ネットワーク上の端末情報を定期的に収集し、Outlier Securityのデータ分析サーバで解析。マルウェア感染端末の検知にくわえ、影響範囲や全容解明などのフォレンジックも可能だとしている。

解析する時間や回数は自由に設定可能で、解析結果は管理コンソールより確認できる。端末にソフトウェアのインストールは不要。価格は50ユーザーの年間ライセンスが43万2000円から。

(Security NEXT - 2017/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
組織内部で隠密活動するマルウェアを検知するAI技術 - 富士通研
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
パーソルP&T、「Office365」など対象としたSOCサービス
インシデント対応を支援する拡張機能をリリース - タニウム
脅威を把握しワークフローを自動実行する米ayehu製ソリューション - IWI
セキュアブレイン、SOCサービスへ参入 - エンドポイントを監視
オープンソースのリモートフォレンジックツール「Bitscout」が公開