Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業の6.2%がサイバー攻撃を経験 - 標的型攻撃が最多、ランサムも

中小企業の6.2%がサイバー攻撃を受けた経験があり、攻撃によって実際に被害が生じた企業は0.8%だったことがわかった。

情報処理推進機構(IPA)が、従業員が300人以下の中小企業を対象に郵送やウェブを通じて2016年10月から2017年2月にかけて情報セキュリティ対策に関するアンケート調査を実施。4318人が回答した。

サイバー攻撃による被害に関しては、72.6%が「攻撃を受けなかった」と回答。一方5.4%は「攻撃を受けたが被害には至らなかった」としており、さらに0.8%の企業では「攻撃で被害を受けた」という。また15.9%は「わからない」回答している。

企業規模が大きいほど攻撃を受けた割合が高く、従業員101人以上では2割近くが攻撃を経験。業種別では「情報通信業」が目立って高く、27.4%が攻撃を受けていた。

20170711_ip_001.jpg
企業規模別に見たサイバー攻撃による被害の有無(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2017/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多
中小企業の8割、年間セキュリティ予算は50万円以下 - 7%でランサム被害
中小企業の内部不正、発覚事案の1割弱が情報漏洩
中小企業の6割、従業員教育「実施していない」 - セキュリティポリシー用意は14%
過去5年間に8.6%が営業秘密漏洩を経験 - 損害1000億円以上のケースも
改正個人情報保護法に対応済み企業は1割未満 - 「春までに対応」6割
「Windows 7」からのOS移行、2割がEOLにまにあわない可能性
セキュリティリスクに関する最大の懸念は「従業員の不注意と知識不足」
ゼロデイ攻撃で対策費用が倍増 - 対応遅れもコスト増加の原因に
中小企業の2016年度IT投資、半数は前年と同程度 - 重点事項はセキュリティ対策