Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

他顧客の配送先情報をサイトで誤表示 - 基盤製造ベンチャー

基盤製造技術の開発や基盤製造サービスを手がけるAgICは、ウェブサイトにおいて関係ない別の顧客に関する情報が表示される不具合が発生していたことを明らかにした。

同社によれば、基盤製造のオンデマンドサービスにおいて、配送先の選択画面で関係ない別の顧客の配送先リストが誤って表示されたもの。7月2日に顧客から指摘があり判明。サイトを一時停止した。

プログラムのミスが原因で、6月21日13時半から7月2日17時ごろまでの間、最大3人が41人の個人情報を閲覧した可能性がある。氏名や企業名、配送先住所、電話番号、メールアドレスなどが含まれる。

同社では問題を修正し、7月2日21時前にウェブサイトを再開。個人情報が閲覧された可能性がある顧客に対し、メールで連絡を取るという。

(Security NEXT - 2017/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
一部商品購入者の個人情報が閲覧可能に - テニス関連サイト
一部サービスでパスワードの正誤関係なく認証可能に - NTTPC
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市
個人情報を誤ってサイトで公開、墨塗りミスなど - 三田市
タクシーポイントサービスで提供先以外から会員情報が閲覧可能に