Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性報告の報奨金が期間限定で最大5倍に - サイボウズ

サイボウズは、同社製品やサービスの脆弱性報告者に報奨金を支払う制度において、一部サービスや製品を対象に報奨金を最大5倍に増額するキャンペーンを、12月20日までの期間限定で実施する。

20170707_cy_001.jpg
期間限定で報奨金をアップするサイボウズ

脆弱性の探索に対する関心をさらに高め、製品の改善に役立てる目的で、報奨金の増額キャンペーンを実施するもの。

同社が対策に注力を図るクラウドサービス「kintone」、クラウド基盤「cybozu.com」の管理と共通設定については、報奨金を期間限定で通常の5倍に引き上げる。

また「サイボウズガルーン」「サイボウズOffice」「メールワイズ」などの製品については、報奨金を2倍へと拡大。報奨金の上限は、通常1件あたり100万円のところ、キャンペーン中は200万円となる。

同社では、同社の製品やクラウドサービスに存在する脆弱性を発見、報告した場合に最大100万円の報奨金を支払う「脆弱性報奨金制度」を2014年6月より展開。2016年度までの3年間でのべ250人より373件の報告が寄せられ、合計1500万円の報奨金を提供している。

(Security NEXT - 2017/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINE、脆弱性報奨金プログラムの実施状況を発表
バグバウンティプログラムの報奨金額上限を増額 - Kaspersky
「Chrome 65」がリリース、セキュリティに関する45件の修正を実施
LINE、バグ報奨金プログラムに「寄付オプション」 - 報奨金と同額を上乗せ
3年ぶりのバグハンター合宿で脆弱性36件を発見 - サイボウズ
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY
LINEのバグ報奨金プログラム、10カ月で133件の報告 - 脆弱性認定は5件
千葉大、同大生対象の「セキュリティバグハンティングコンテスト」開催
「Chrome」のアップデートがまもなくリリース - セキュリティ関連で21件の修正
「Chrome 53」で脆弱性33件を解消 - 解析用「Flash」のブロック機能も