Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PHPに脆弱性 - セキュリティアップデートがリリース

PHPの開発チームは、脆弱性を修正した最新アップデート「PHP 7.1.7」「同7.0.21」「同5.6.31」をリリースした。

いずれもセキュリティリリースとして公開されたアップデート。特に「同7.0.21」および「同5.6.31」では、複数のセキュリティに関するバグを解消したとしている。

開発チームでは、各バージョンの利用者に対して、最新版へのアップデートを推奨している。

(Security NEXT - 2017/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MQX RTOS」にRCEなど複数の脆弱性
WindowsのDNS処理にMITM攻撃でコード実行される脆弱性 - 月例パッチで修正
MS、10月の月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ攻撃確認済みの脆弱性も
Apple、キーチェーンのパスワードが漏洩する脆弱性へ対処
脆弱性解消した「Apache Tomcat 8.0.47」「同7.0.82」がリリース
サポート終了直前「Office 2007」、9月末時点で8.6%が利用
「Office 2007」サポート終了まで3カ月 - 「Office for Mac 2011」もEOLへ
「iOS 11.0.2」がリリース - 脆弱性の修正は「iOS 11」と同等
「Apache Tomcat」にアップデート、ゼロデイ脆弱性へ対応 - 一部は準備中
「Dnsmasq」にバッファオーバーフローなど7件の脆弱性